西宮北口 西宮市 芦屋市 歯医者 歯科 おおがき歯科医院 インプラント 兵庫県


西宮北口のおおがき歯科


西宮市 おおがき歯科 インプラントセンター
インプラント専用サイトは
こちらからご覧下さい

最初に
lines

 近年、メディアなどを通じSAS(睡眠時無呼吸症候群) が、重大な社会的問題の引き金になっているという報告や、また全身疾患と関わりがあるという報告が数多くされてきており(詳細後述)、皆様のSASに対する意識も高まってきていることかと思われます。
 このSASですが従来の治療は、専門機関によるCPAPといった経鼻的持続陽圧治療を実施することが一般的でしたが、昨今、SASおよび、いびきで悩む患者さまにスリープスプリントといったマウスピース(口腔内装置)による治療方法が広く応用されるようになり、軽度・中程度の患者さまにはより快適な睡眠を得ることができる治療装置として有効性が示されております。
 生活習慣病が社会的問題として叫ばれる中、睡眠時の呼吸障害によって睡眠が分断され、睡眠の質を低下させることは、その予防という点からも重大な問題であります。
 兵庫県西宮市にありますおおがき歯科では、このような社会的・医学的背景からSASの治療を積極的に行い、皆様の生活の質の向上(QOL)の一翼を担いたいと考えております。
最先端の治療で、安らかな睡眠を取り戻せます。
lines
 睡眠時にいびきをかいたり、呼吸が止まったりする方はいらっしゃいませんか?
 「いびきがひどい」「夜、熟睡できない」「すっきり起きられない」など、何らかの睡眠障害がある人は人口の20%に及ぶと言われています。
 兵庫県西宮市のおおがき歯科では、内科との提携により、スリープスプリントというマウスピース(図3)を使って、いびきや無呼吸の治療を行っております。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の社会的背景、全身との関係
lines

 私たちは一日の終わりに十分な睡眠がとれれば、昼間に疲れもなく快適に過ごせます。しかし、睡眠中に呼吸が止まる時間や頻度が多くなると深い眠りができずに睡眠が不足します。
 その為、寝起きが悪かったり、仕事中に急激な眠気に襲われたり、また一日中眠気や倦怠感のために仕事に身が入らなかったりします。

 結果、トラブルや事故を招き、自分自身のみならず、周りの人たちにも大きな損害を与えかねません。
 このような病気を「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」といい、いびきは無呼吸の前症状です。

 最近では、様々な事故の引き金になっていることが判明し、社会的にも問題になっています(図1)。

 また「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」は高血圧や糖尿病などの生活習慣病と密接な関わりを持ち、その有病率は3〜4%とも言われ、極めて多い病気であることが明らかになりました。
 さらに、放置された重病の無呼吸では、7〜8年後の死亡率が37%との報告もあります。
 このようにSASは、医学的にも社会的にも放置できない重要な病気であり、その対応は急務であります。

図1:SASは社会的問題として
叫ばれるように
  なってきている。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?
lines

 1976年、アメリカ、スタンフォード大学のギルミノート教授は睡眠時無呼吸症候群(sleep apnea syndrome:SAS)という疾患概念を提唱されました。
 それによると、SASは「7時間の睡眠中に30回以上の無呼吸(10以上の気流の停止)をきたす疾患」と定義され、最近では「睡眠1時間あたり10秒以上の無呼吸あるいは低呼吸が5回以上ある」と一般的に考えられています。

 そのような睡眠時無呼吸症候群ですが2つの分類わけがあります。
まず1つ目は、体重が大きかったり、扁桃腺が大きかったり、喉の気道が狭くなっているもので、これを閉塞型睡眠時無呼吸症候群といいます。
 これとは別に、脳幹から呼吸筋への指令の異常が原因になっているものを中枢性睡眠時無呼吸症候群と言いますが、実際には9割以上の方が閉塞型睡眠時無呼吸症候群です。
 これら2つのうち歯科医師が対応できるのは、大部分を占める閉塞型睡眠時無呼吸症候群(obstructive sleep apnea syndrome:OSAS)です。

 呼吸時に空気が出入りする上気道の周りには多数の筋が存在しますが、睡眠時にはこれらの筋の緊張が低下し、仰向けになると上気道を狭めることがあります(図2)。
 この状態で呼吸を行い空気が上気道を通過すると、もともと形態的に咽頭腔が狭かったり、筋の緊張の低下が著しかったりすると軟組織(軟口蓋・口蓋垂・舌根部など)による振動音が生じます。これが鼻腔や口腔で共鳴して「いびき」となります。
 上気道がさらに狭められると、咽頭が閉塞して無呼吸が出現し、窒息状態になります。これがOSASの本態
です。

 ご家族からの指摘としては、睡眠時に激しいいびきが出現、そのいびきがいったん10秒以上、時には60秒位消失し、換気回復時にあえぐような呼吸をした後、再度激しいいびきが出現、その繰り返しをされていると言われます。

 OSASの基本的な症状は日中の眠気と疲労感で、有病率が全人口の2〜4%を占めていると言われています。

 


図2:上気道の狭窄筋の緊張が低下し、上気道を狭めます。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療lines

生活習慣病の改善指導
運動療法・食事療法・薬物療法の指導により高血圧・糖尿病などの予防と治療を行います。
CPAP(シーパップ:経鼻的持続用圧呼吸法)
鼻マスクを通して空気で持続的に陽圧をかけて上気道の閉塞部位を押し上げることによって“いびき”や
睡眠時無呼吸を消滅させる方法です。有効性・安全性が高く最も普及している治療法です。
耳鼻科的手術
扁桃腺や軟口蓋の肥大などが睡眠時無呼吸症候群の主因である時は肥大した部分を取り除く手術が有効です。
歯科での治療 
マウスピース(スリープスプリント)
 詳細次項にて後述

睡眠時無呼吸症候群(SAS)と歯科lines

 歯科医師が「いびき」の治療にあたっておよそ100年近くになります。この間に、先駆的な多くの歯科医師の方々が尽力され、2004年に歯科でのOSASの治療に健康保険が適用されるようになりました。

 具体的な治療方法は、スリープスプリントと呼ばれるマウスピース(図3)を睡眠時に装着していただきます。
 マウスピース(スリープスプリント)を装着することにより、
@ 下顎が前方移動することにより舌が前方に牽引されて気道が拡大する
A 下顎が固定されることにより頤舌骨筋など舌骨上筋群の収縮により気道が拡大しやすくなる
といったことが期待されます(図4)。
 このマウスピース(スリープスプリント)は軽度から中等度のOSASに有効とされています。

図3 マウスピース(スリープスプリント)
図4 マウスピースを装着した図
下顎を前方に位置させることにより、気道を閉塞させない。

当医院の取り組みについてlines

 兵庫県西宮市にあります、おおがき歯科では、内科との密接な提携により歯科の分野から、いびき、SAS防止に取り組んでいます。

 当医院での治療としては、前述の通りに、患者さんのお口の形に合った「いびき防止装置(マウスピース)」を作成し、就寝時に着用することにより下顎(したあご)を前方に突き出せるようにします。
これにより、就寝時に気道が広がり、いびきや無呼吸が軽くなります。
 もちろん、昼間はつける必要はなく寝ている間だけ付ける取り外し可能な装置です。

 しかし、症状が重度な場合や本格的な治療を希望される方に対しては地域の総合病院にて本格的な治療を行っていきます。

 

治療の流れ、費用についてlines

1、保険診療の場合 内科での診断書が必要です。

まず、 内科にて 検査、診断書の交付
一回目:当院にて 診断書の提出、診察(問診)、マウスピースの型取り
二回目:当院にて 専用マウスピースのお渡し
三回目〜当院にて マウスピースの調整

※2、※3
費用 おおがき歯科:15,000円程度(※1)


2、自費診療の場合

一回目:当院にて 診察(問診)、マウスピースの型取り
二回目:当院にて 専用マウスピースのお渡し
三回目〜当院にて 専用マウスピースの調整

※2、※3

費用 おおがき歯科:50,000円程度(※1)

 

マウスピースの使用にあたって
lines

装着による違和感
 付け始めは違和感によりなかなか寝つけないこともありますが、継続して使い続けるとその違和感も小さくなっていきます。まずは1週間使い続けてください。
 朝、起きた時には歯が浮いたような感じや、かみ合わせに違和感があったりします。その後、数分もするとその違和感は和らいでいきます。これとは違い、歯に痛みや顎の関節に違和感がある場合は、使用を止めご連絡ください。

マウスピースの清掃と保管
 歯ブラシで水洗いしてください。歯磨き粉を使用すると削れますので用いないでください。
 汚れが気になったり、消毒したい場合には、市販の総入れ歯用洗浄剤を使用してください。熱湯消毒は変形し使えなくなりますので止めてください。また、直射日光に長時間当たると変形しますので注意してください。
 保管ですが、そのまま置いておくと、何かの拍子に壊してしまったりしますので、タッパーなどの容器に入れておいてください。また、犬猫などのペットが遊んで壊すことがありますので注意してください。
調整
 顎を固定する位置は効果と副作用を見ながら決定しますので、マウスピースの完成には何回かの通院・調整が必要です。
効果の判定
 「いびきは小さくなったか?」「呼吸がとまることはなくなったか」ご家族の方に聞いて確認してください。また、客観的に判定するために、マウスピースを装着して再度、呼吸器内科による検査を受診されることをお勧めします。
定期ケア
 マウスピースの固定源は歯です。歯を失うとマウスピースはつけることができなくなります。睡眠時の呼吸を保つためにも、歯の検診を受診するようにしてください。


まずはお気軽にお問い合わせください。

 

 

ソムノデントMAS 〜自費診療〜
lines

 2004年4月より保険適応になった上下一体型OA(モノブロックタイプ)は効果が高く、構造もシンプルで扱いやすく国内において最も高く使用されております。

 ただ、効果を上げるための再Titration(下顎の位置の再設定)を行う為には時間もかかり複雑です。
また、上下一体の為、顎の動きが制限され、拘束感が強くモチベーションの低下を誘起しています。
 
睡眠時無呼吸症候群の治療では、患者さんが装置およびその使用に慣れ、継続して適切に使用することが治療の成功・失敗を左右するキーポイントとなります。

ソムノデントMAS

 欧米においては、拘束感が弱く、再Titrationも簡便にできる様々なタイプの上下分離型OAが主流になり普及しています。

おおがき歯科では、欧米において30,000症例以上使用されていると言われる上下分離型OA“ソムノデントMAS”を採用し認定医療機関にも登録されております。

“ソムノデントMAS”は使い勝手が簡便で、装着感も良い口腔内治療装置ですので、一体型でお困り(水が飲めない、会話ができない、異物感が大きい)の方、もしくはCPAPを普段使っているが出張・旅行用に手軽に持ち運べるタイプが欲しいという方は、どうぞ一度ご相談下さい。

ソムノデントMAS へ 公式ホームページはこちらから

ソムノデントMAS
ソムノデントMAS
快適な装着感
 従来の一体型(モノブロックタイプ)の口腔内装置と異なり、上下が完全に分離している為、装着時の拘束感を軽減し、装着中に口を開いたり、会話や水を飲むこと、咳やあくびにも自由にできます。また、内面にはストレスを吸収する軟骨レジン(樹脂)を使用しているので、着脱も容易に行えます。
ソムノデントMAS
ソムノデントMAS
コンパクト設計
 装置は手のひらに乗るほど軽量、コンパクトです。ご家庭だけでなく、出張や旅行などにも手軽に持ち運びができます。
ソムノデントMAS
上下が無歯顎(総入れ歯)でも装着可能
 ソヌノデント MASには、上顎無歯顎用としてエデンチュラスタイプ(無歯顎用)をご用意しています。
ソムノデントMAS
品質管理と品質保証
 ソムノデント MAS は個々の患者さんの装置が製造番号(シリアルNo.)によりその品質が管理されています。使用されている材料は、すべて国内で認可された医療機器により製造されています。なお、装置は製造メーカーの保証規定により装着後30カ月間保証されています(紛失や誤った取扱による破損や変形を除く)。
ソムノデントMAS

 

ソムノデントMASの治療の流れ、費用について
lines

ソムノデント MAS は自費診療ですので呼吸器内科での事前の検査結果がなくても製作可能ですが、合った場合は治療の効果の有無、評価が行え、それに基づいた再Titration(下顎の位置の再設定)を行う事が出来ます。

治療の流れは保険適応の上下一体型と同じになりますが、精密な型取りを行う為回数は1回ほど多くなります。。

費用は、制作に120,000円(税抜)、検査・調整に10,000円(税抜)程度で、計130,000(税抜)円程度かかります。

●患者さんからの声

 ここでご紹介する感想は、実際に“ソムノデントMAS”をご使用の患者さんから歯科医師の先生方に寄せられたものです。
 ※本装置を使用した睡眠時無呼吸症候群の治療効果を保証するものではございません。

 一体型のスプリントは、唾液が多量に出ることに加え、隙間がないため唾液を吸いこむことができない。口腔内で唾液が溢れ呼吸がしにくく、恐怖感を伴う。特にアレルギー性鼻炎による鼻閉もあり、装着して寝ることが困難。中途覚醒が多く、その度にトイレに立つ。朝まで装着することはできなかった。
 
 分離型スプリント“ソムノデントMAS”は装着感に違和感が全くなく、前者と違い呼吸も楽にできる為、恐怖感がない。CPAP治療も従来のスプリント治療も積極的に行うことには躊躇したが、この分離型スプリント“ソムノデントMAS”であれば、毎日使用することも苦ではない。

 また、この装置を使用し始めてからトイレに起きる事も無くなり、熟睡が得られるようになった。更にこの装置は上下分離型なので、装着時でも会話は勿論、水を飲むことも可能。すぐれた装置。特に最初に分離型を経験していただけに、一体型を使用することは困難を極める。

 この装置が保険適用になることを切に望むところです。
保険適用が難しい場合、この感触の違いを経験されれば、たとえ高額であっても多くの方々がこの装置を希望される事と思います。

以上簡単ですが感想を述べさせていただきました。この装置をご紹介をご紹介してくださった先生に心より感謝申し上げます。


60歳 男性
<“ソムノデントMAS”のリーフレットより>

 


西宮市 おおがき歯科 診療時間



兵庫県西宮市の歯医者 おおがき歯科(インプラント 矯正 審美 予防)には西宮市 宝塚市 尼崎市 神戸市 芦屋市 大阪市から患者様が来院されています。

−西宮市 歯科 歯医者 歯科医院 インプラント 兵庫県− >>無料相談メール相談

〒662-0832 兵庫県西宮市甲風園1-7-6 TEL 0798-66-4182